この先には。

緊急事態宣言を受け、在宅勤務が推奨されました。
クライアントも協力会社も、在宅勤務やウェブ会議が増えています。


在宅やウェブ会議はコロナウイルス終息後も取り入れていく企業が多くなるだろうし、
これを機に働き方改革が進むでしょう。


たしかに会議や打ち合わせ等、
特定の目的がある時は在宅でのウェブ会議でも対応できるかもしれません。
メリットは大きいです。


ただ、目的とまではいかない、
顔を合わせた時の雑談レベルの情報交換や近況報告がなくなっていくのは寂しい気もします。
営業なので、やはり対面でのやりとりがしっくりきます。


さて。
コロナウイルスの蔓延が止まりません。
「するべきこと」「してはいけないこと」を意識して、乗り切りましょう。


頑張りましょうね。


営業部 小川