URLパラメータは何のために設定する?
-サイトの流入元を知る方法-

はじめに

「URLパラメータ」という言葉自体は知っているけれども、どのように利用されるのかがわからないという方は多いのではないでしょうか。

本記事ではGoogleアナリティクス上でサイトへの流入経路を確認する際に必要な、URLパラメータの役割と設定についてご紹介します。

この機会にURLパラメータを設定して、日々のサイト解析に活かしていきましょう。

Googleアナリティクスで流入元を確認することとURLパラメータの役割

URLパラメータの役割を明確にするために、Googleアナリティクスの機能から話を進めていきます。

Googleアナリティクスでは、どの経路からサイトに流入したのかを確認することができます。

サイト流入の経路は、特に設定をしなくてもアナリティクス側で、ある程度分類をしてくれますが、全ての経路を分類してくれるわけではありません。

デフォルトで分類をしてくれないサイト流入経路を識別するために必要なのが、URLパラメータの設定です。ここでURLパラメータの役割が明確になります。

サイト流入経路は、Googleアナリティクスの、参照元、メディア、キャンペーンより確認することができます。

アナリティクスのサイト流入経路レポートを交えて、URLパラメータの役割を確認していきましょう

参照元/メディアの確認

まずは、Googleアナリティクスで参照元/メディアの欄を確認していきます。
左側のメニューから
集客→全てのトラフィック→参照元/メディアへと進みましょう。

そうすると下記画面のように参照元/メディアの形式で流入元を確認することができます。

参照元/メディアの形式で流入元を確認できる

例えばGoogleのオーガニック検索からの流入はgoogle/organicとして、Twitterからの参照元/メディアはt.co/referralとしてそれぞれの分類を確認をすることができます。

googleのorganic検索のように、主なサイトの流入元になりうるものは、デフォルトで流入元を振り分けられますが、主な流入元以外(例えばメールマガジン、QRコードなど)は、「direct/none=参照元なし」として分類されてしまいます。

この点において、URLパラメータの役割がはっきりとします。つまり、デフォルトの流入元として確認をすることのできない参照元/メディアを識別するために、URLパラメータの設定が必要となるのです。

※デフォルトの流入元について詳しくはこちらを参照してください。

キャンペーンの確認

次に、キャンペーンレポートを確認してみましょう。

Googleアナリティクスのキャンペーンレポートは、集客→キャンペーン→全てのキャンペーンから確認できます。

参照元/メディアという切り口にプラスして流入元を識別するためにキャンペーンを確認します。

例えば、メールマガジンからの参照元/メディアを、news_letter/emailとして設定をした場合、メールマガジンとしては識別できても、配信日毎に識別することはできません。そこで11月12日の配信に対しては1112というキャンペーン、12月12日の配信に対しては1212というキャンペーンを設定することで、日付ごとのサイト流入結果を確認することができるようになります。

キャンペーンの識別もURLパラメータの設定で可能となります。次の章で参照元、メディア、キャンペーンの設定方法を見ていきましょう。

メルマガの効果を測定するために、URLパラメータを設定する

最後にURLパラメータを作成してみましょう。例として、2021/11/04に配信するメルマガを想定してURLパラメータを作成していきます。

作成後には、Googleアナリティクスの参照元/メディアのレポートにnews_letter/email、キャンペーンのレポートに20211104と表記されるようになります。

上記の情報に基づいて作成するURLパラメータは以下の通りです。
?以降の箇所がURLパラメータです。
ページURL/ ?utm_source=news letter&utm_campaign=
20211104&utm_medium=email

Google Analyticsでは、各パラメータの情報を以下のように認識します
utm_source= news_letter:参照元
utm_campaign=20211104:キャンペーン
utm_medium=email:メディア

※URLパラメータを設定する際はCampaign URL Builderを利用すると便利です。

これで、参照元、キャンペーン、メディアそれぞれをアナリティクスで確認するための設定は完了です。

メルマガ配信をする度、キャンペーンに配信日の日付を設定しておけば、メルマガ全体の効果を見るためには参照元/メディア、個々のメルマガの効果を確認するときはキャンペーンという分け方ができるので便利です。

Googleアナリティクスレポートのプランを見る
Googleアナリティクスレポートのプランを見る