検索広告における広告の品質を高めるために(Google広告)

検索広告における
広告の品質を高めるために(Google広告)

はじめに

今回はGoogle広告の品質についての記事です。

広告の品質とは、検索広告をユーザーが目にした際のエクスペリエンスを推定したものです(Google 広告 ヘルプ)
この記事では、広告の品質が高いことで影響すること、そして、どうすれば広告の品質が上がるのかについて説明していきます。
「検索連動型広告で、なかなか上位表示されない」とお困りの方には役に立つ情報ですので、ぜひ公式のヘルプを参照しながら、記事を読んでみてください。

引用元:Google広告 公式 ヘルプ(2022年5月 閲覧)

広告の品質が高いと何が良い?

実際に広告の品質が高いと、どういったことに影響するのでしょうか? そのことについて、以下の5つをGoogleは明記しています。

・広告を表示できるかどうか
・検索結果ページのどの部分に広告が表示されるか
・広告表示オプションが表示されるかどうか
・クリック1回あたりの費用
・広告のパフォーマンス

広告を表示することができるかどうかは広告の品質に左右されることがわかります。
上皮表示をさせるためには、入札単価を上げれば良いというわけではなく、広告の品質を上げる必要があるということですね。

逆に広告の品質が良ければ、低いクリック単価で表示されることもありますし、広告のパフォーマンス(CVの獲得)の向上も見込めるということです。

広告の品質を上げるために

それでは、品質を高めるためには何をする必要があるのでしょうか?
Googleは下記の通り示しています。

・品質スコアの構成要素を確認する
・キーワードに対する広告の関連性を高める
・クリック率(CTR)の改善を図る
・ランディングページのアップデートを検討する
・品質スコアを他の指標と組み合わせて活用する

これらの要素は、どのようにすればユーザーの利便性は上がるのか、という指標にもなっています。
例えば、キーワードに対する広告の関連性を強めれば、検索をするユーザーの意図に一段とマッチする情報を提供することとなり、ユーザーの利便性向上へと繋がります。

また、広告で表示される内容だけではなく、ランディングページも品質を高める要素として考慮されます。 広告文の内容と一貫していないランディングページだと、ユーザーは欲しい情報を見つけることができません。ランディングページを制作するコストが無いため、とりあえずトップページをランディングページとして設定している場合は、表示される広告の内容に対応するページの設定を検討すると良いです。

まとめ

広告配信において重要なことは、ユーザーへの適切な情報提供です。
Google が掲げる 10 の事実にもある通り、ユーザーの利便性を第一に考えることは、広告の規定からも見てとることができます。
広告の表示やCTR、CVRについてお困りの方は、広告の品質向上に関する項目を参照してみましょう。