「withコロナ」を生きるために

長い長い梅雨が明け、夏が本格的に始まりました。
例年ですと、大変わくわくする季節であるのですが、
今年はなかなか手を挙げて喜べるものではありません。


コロナウイルスがまた広がりを見せています。
しかし、春先の緊急事態宣言の時とは違い「withコロナ」の中で
どう生活していくかに考えをシフトされている方が多くなっているように感じます。
私もコロナのせいにはしていられません!


こんな時だからこそ伸びている物もたくさんあります。
例えば広告業界ですとWEB広告。
今までも伸びてはおりましたがソーシャルデイスタンスが謳われるなかで、
より伸びの角度が高くなっております。
これはある意味、大きなチャンスでもあると感じます。


悔しいこともいっぱいありますが、
きっとチャンスはあると信じて「withコロナ」の時代を生きていこうとおもいます。


営業部 藤塚