すべては甲子園のために

私には高校の野球部に所属していた時から大事にしている言葉があります。


「すべては甲子園のために」


これは野球部グランド内バックネットの垂れ幕に大きく記されていた言葉です。
グランド内にいればどこからでも見える高い位置にかかっていました。


気が狂いそうなくらいきつく逃げ出したくなることもあり目標を見失いそうな時も何度もありましたがそのたびに見返し、

なんのために練習しているのかトレーニングしているのか再確認させてくれた言葉です。


人は苦しい時やしんどい時は自然と楽な方、楽な方へと行きがちです。


今、何のために仕事をしているのか、何のために頑張っているのか、
社会人になってからも「甲子園」の部分を「今の目標」に置き換えれば質の高い時を過ごすことができると信じ今も大事にしています。


これからもこの言葉を軸に仕事に励んでいきたいと思います。


営業部 奥田