セルティックの旗手怜央

今、スコットランドのセルティックに日本人4選手が所属している。

古橋享吾、前田大然、井手口陽介、旗手怜央。

セルティックといえば、かつて中村俊輔が所属した日本人には馴染みが深いクラブでもある。


サッカーにおいてサポーターから愛させる要素は、「結果を出す」こと。

どれだけチームに貢献できるかに尽きる。


先日、世界最古のダービーといわれるセルティックVSレンジャーズで旗手怜央が2得点、1アシストの出目の活躍を見せ、チームを勝利に導いてみせた。

もうセルティックサポーターのハートを鷲掴みである。

一気に神格化した。


性格がよい、人格者だからサポーターに愛される訳ではない。

ビジネスにおいても同じ。

結果を出すから愛されるのだ。


営業部 佐竹