リモートワークの落とし穴

本日WEBミーティングを予定していた求人会社。

アポイントを失念したと時間ギリギリに連絡がきた。

しかもメールであっさりと。


あらためてこの日かこの日でお願いします。

どちらの都合がよいですか?ときた。


どこまでいっても自分都合。

リモートワークが行き過ぎて電話の一本もかけられない。


誰でも失敗することはある。

謝罪するなら誠意をもってシンプルに。

即座に電話をかけた上、

申し訳ございません!

うっかり忘れておりました!

もしよろしければ他の時間をいただけますか?

と必死にお願いするしかない。


リモートワークは便利だが誠意を伝える工夫は必要。

大事な時にチャンスを逃し顧客を逃す結果になる。