営業という仕事について

営業先に対して、「何の話を持ってきたのか」がよくわかるように。
顧客に対しては、「共有したい志は何なのか」を意識するように接触しましょう。


ただの下請けで終わりたくなければ、人間同士の付き合いをしましょう。


制作するときは「何で差別化を図ろうか」を出発点として表現についてディレ
クションしましょう。


お客様に対するマナーは重要ですが、卑屈な態度や自信のない言葉は絶対に発し
ないこと。
自分よりも格下と見られたら重要な話は持ちかけられません。
われわれの目的は顧客の予算をいただくことで、嫌われないようにすることでは
ありません。


格下に見られないように学びましょう。顧客のことを知りましょう。
顧客が知らない情報を持ちましょう。


営業職の日常はアスリートと同じで、努力が結果に直結します。
商談中は舞台に上がった役者と共通するところもあります。


近頃は知らない人との接触がいやで、営業の仕事を避ける人が多いですが、
自分を成長させてくれる最高の職種だと思います。