営業の分業化

最近はやりの営業は

テレアポ、商談、サービスを違う人が担当する。


ある会社の場合

テレアポするのは新人で一日200件電話する。

ノルマは一日3件で取れないときには残って練習。

アポが取れたらクローザーが一日5件訪問する。

ノルマは一日1件で取れない場合はテレアポ部隊に逆戻り。

契約したら別のサービス担当に引き継がれる。


会社都合で考えれば

これが一番合理的で無駄がないのはよくわかる。

でも弊社の場合は一人で全部担当する。

営業マンは部品じゃない。


自分で選んだ見込み客に

自分で企画を提案する。

契約できたらそこからが長いお付き合いの始まりだ。


今のところはその方が

一人一人のスキルアップにつながっている。

時間は余分にかかるけど

分業制にするよりも顧客に対する思いが違う。

そこが差別化にもつながるはずだ。