息子のサッカー

最近、休日は息子のサッカーの練習、試合を観に行く。
試合の時、対戦相手の親御さんが熱心に応援していた。
「〇〇、そこはパスだろ!」
「〇〇、今はシュートだよ!」と。

 

試合後、対戦相手の監督はその親御さんに対して
「子どもの判断、アイディアをお父さんが奪わないでください。
子どもの可能性を潰してしまいます。でも、熱いご支援をお願いします」
と言っていた。


なるほどなと思ったし、自分も見守ることを教わった。

ちなみに息子は、ドリブルから見事なゴールを決めた。


営業部 佐竹