成長はスパイラルで

間もなく今期が終わる。


前期よりも減収で前々期よりも増収。
前半苦戦して後半挽回した。


何でも思い通りにはいかなくて、
成果が出るまで思ったよりも時間がかかる。
でも逆に思いもしない仕事が急に増えたりもする。


一直線に成長するのではなく、
成長に伴う新しい問題を解決しながらスパイラル状に上がっていく。


新しいやり方を試してはまた元のやり方に戻ったり。
戻ったとしても前よりレベルは上がっている。
また新しいやり方を試すときも前よりレベルは上がっている。
数字の上では上がったり下がったりしながら
長期的には上昇している。


アホみたいに一直線に急成長なんて危なっかしいことがよくわかる。
中身が伴わない成長は逆境が来て一巻の終わり。


思ったように成長しないことにイラつくこともあるけど、
地に足が着いた成長が大事という意味では
守られているのかもしれない。