物事はシンプルが一番!

最近読んだ本で印象に残った言葉がある。

「Keep It Simple and Stupid」

セールスの意味ではこう訳すらしい。
「メッセージを飾ったり難解にせずシンプルを心掛けよ」


何事もシンプルが一番。

販売ではセールストークの一部始終をシンプルに、

商品をシンプルに、

そして何よりも提案をシンプルに。



伝説のマーケター、シュガーマンの販売手法について一例を紹介する。
9種類ある時計のキャンペーンで、男性物、女性物、色のバリエーションなどがあり様々だ。

通常であれば9種類の時計をどう売るかを考えるだろう。



ところが彼は、あえて3種類に絞って広告キャンペーンを実施した。
「シンプルイズベスト。最初からお客にたくさんの選択肢を与えると迷わすことになる」
キャンペーンは見事に成功を収め、時計が認知されてから、残りの6種類を販売しさらに成功した。


この成功事例を聞いて思い当たるふしがある。

任天堂SWITCHは最初2カラーのバリエーションのみであった。
販売開始から認知拡大後に様々なバリエーションの販売を開始した。

人によっては、既に持っているゲームハードを色違いで購入するだろう。

私もこの言葉を胸に秘め、顧客を迷わすことなくベストな提案が出来るよう心掛けたいと思う。


営業部 野中