購買意欲はどこから

コロナの影響により多くの飲食店がテイクアウトを始めました。
町を歩いていても非常に多くのウーバーイーツが走っており、
利用者が増えているのを実感します。


さて、このテイクアウト人々は何で情報を得られているのか調査した
新聞記事によりますと断トツでSNSでの認知が高かったそうです。


コロナ禍でスマートフォンに触れている時間が長く、
その中でも特にSNSを閲覧していた時間が長かった事や、
フォローしている人が紹介している親和性、
そのような点が大きく起因しているのではないでしょうか。


テイクアウトに限らず、
SNSから情報を収集し消費に繋げている人が増えてきています。
今後の訴求を考えるとSNSは外せないのではないでしょうか。


SNSを含めWEB広告が非常に市場規模を伸ばしております。
私も勉強し知識を増やし、
WEB広告のエキスパートになれるよう頑張ってまいります。


営業部 藤塚