顔の見える営業

最近営業を分業している会社が増えている。

新規テレアポ、クローザー、オペレーター、クレーム対応というようにわかれている。

何も問題が起こらない時は効率の良い方法だと思う。
でも問題が起こった時は自分が直接販売していないため、
どこか他人事で無責任な対応になり怒りを増幅させる結果となる。

失敗や行き違いはよくある事だけど、誠意をもって対応すれば関係が切れることはない。

営業の分業が増えるほど、顔の見える営業の価値が高まると思う。


総務部 森